結婚式のワンピース比較6サイト

HOME > 結婚式用のワンピースについて > 結婚式で着用をするワンピースとパーティードレスの違いとは

結婚式で着用をするワンピースとパーティードレスの違いとは

喜びいっぱいの結婚式のお呼ばれでは、女性は着ていく洋服に悩みますが、いつもよりも華やかな装いに身を包むことには変わりはありません。
披露宴などはまさに華やかな場所であるため、パーティードレスを選び来て行こうという女子も多いです。
パーティードレスは使っている生地に高級感があるものが多く、デザイン的にも華やかですから、親族の多い結婚式だとか、同僚の結婚式に持て持しています。
フォーマル度が高いのがパーティードレスなので、装いとしてはフォーマルなシーンにピッタリです。
華やかさが前に出ている高級素材の多いパーティードレスとは違い、清楚でシンプルなデザインが多いのがワンピースになります。
現代の結婚式のスタイルは個人差が大きいので、パーティードレスを着用するには派手すぎるというときにも、カジュアルなウェディングにはぴったりの装いです。


結婚式の招待をされたら女性はワンピースを着用することも多いですが、いくらおめでたい席とはいっても、デザインやカラーには注意です。
避けなければいけない服装のカラーとして、全身真っ白は絶対に避けなくてはなりません。
派手ではなく清楚で良いのではと思うのは誤りであり、真っ白な全身コーディネートは、主人公である花嫁とカラーが丸かぶりです。
白系のドレスを敷き参加時に選ぶのであれば、全身を絶対に真っ白にはしないこと、羽織るものなどに濃い色のものを入れるようにします。
また素材的に避けなければならないのは、普段はおしゃれで利用ができる革製品や、フルのおしゃれに大人気のファーも避けなくてはなりません。
動物の皮製品やファー素材は、おめでたい席では良い意味を含みませんので、衣装としては避けることです。
アジアの魅力を最大限に生かしたチャイナドレスも、披露宴などでゲストが着用をするべき衣類ではありません。


ハッピーカラーで包まれる結婚式に、ピンク色のワンピースを選びたい女子はとても多いです。
女性らしい柔らかさを醸し出せるピンク色は、日本人の白くてきめの整った肌にもぴったりですが、ピンクを着用するには注意点もあります。
洋服がピンクだと合わせる小物には、清楚な真っ白をチョイスしたくなりますが、挙式や披露宴での白は花嫁のカラーです。
バッグやシューズなど小物であろうとも、出来るだけ白は使わないほうが良いので、相性の良いカラーをプラスします。
ピンクでも青みが入っているのであれば、小物やヒールにはシルバーを選ぶと相性は良いです。
暖かみを感じるピンクや、サーモンピンクの衣装であれば、ブルーグリーンや、ネイビーにラベンダー色も似合います。
またゴールドもピンクには似合うので、ピンクの衣装の小物で迷ったら、シルバーかゴールドをチョイスすることです。

次の記事へ