結婚式のワンピース比較6サイト

HOME > 結婚式用のワンピースについて > 結婚式これだけは押さえよう!ワンピースのマナー

結婚式これだけは押さえよう!ワンピースのマナー

おめでたい結婚式。
招待されたのは嬉しいけれど、「何を着ていこうか」が一番の悩みの種ですよね。
マナーを知らないことで、当日、自分自身も、招待してくれた新郎新婦にまでも恥をかかせることになってしまいます。
女性の場合、薄手のワンピースが多いため、季節によっても悩みは増えます。
また、式への参列と二次会への参加など、参加する式・パーティー、時間帯によってもワンピースの種類は多少変わります。
とは言え、ワンピースを何着も準備したり、着替えたりなどをしたくはありませんよね。
ここではどんな式であっても、失礼にならず着用できるワンピースについて紹介します。
万能なワンピースを一着持っていれば心強いでしょう。
最低限のマナーを守って、安心して心からの祝福ができるように準備をしていきましょう。


絶対に避けたいワンピースのデザインのポイントは「新郎新婦より目立たないこと」と「上品で華やかであること」の2つです。
その点から考えて、ワンピースの色と丈・デザインに注意しましょう。
まずは色から。
全身「白」のワンピースは避けましょう。
白と言えばやはり花嫁の色です。
主役のドレスと重なる色は絶対に避けましょう。
白っぽいワンピースをどうしても着用する場合は、ボレロやジャケットを濃い色にするなど、気配りが必要です。
あくまで、新郎新婦をお祝いし、式に華を添える装いであることが大切。
華やかであることと目立つことは違います。
また、「黒」のワンピースを着用する場合は、喪服のようにならないように注意が必要です。
黒のワンピースを選ぶ場合は、アクセサリーや髪形も含め、全身が黒一色にならないように工夫しましょう。


丈・デザインについては、「上品であること」を考えると、ミニ丈のものや肩や胸元が大きく開いたデザインは好ましくありません。
ミニ丈や大胆なデザインのドレスは、夜のパーティーではマナー違反にはなりませんが、結婚式全般で着用できるデザインとしては避けた方が良いでしょう。
どんな式に参列しても恥ずかしくないものとしては、膝丈で肩が出ていないデザインがベターです。
ワンピース自体が肩が出るデザインであっても、ボレロやジャケットで調節できるものであれば問題ありません。
夏や冬、季節によってデザインは悩むところですが、室内の会場であれば年中同じものでもまったく問題ありません。
外の移動の際に、暑い、寒いということがないよう、調節できるものを持参していれば大丈夫です。
上品であることと季節を問わずという点からも、膝丈、肩が大きく出ていないものが好ましいですね。

次の記事へ